Facility Management

大規模施設を高速かつ高品質に3次元デジタル化。
遠方・点在する大規模施設や設備であっても、3次元デジタル空間上のターゲットに
素早くアクセスし、設備情報を取得。効率的な点検・維持管理を実現します。

​施設や設備の点検・維持管理は、多くの時間と経験を要します。また、ライフサイクルコストの観点で考えると、
費用は膨大になります。さらに、現場の作業者は、遠方・点在する大規模施設や設備を移動して作業を行っています。
リーズナブルなコストと時間で3次元デジタル化できるように設計されたNavVisは、

3次元空間上の施設や設備に付箋のように指示内容や図面、報告内容や現場写真などの情報を貼ることができます。

そのため、現場ではターゲットの情報にダイレクトにアクセスし、遠方からも点在する情報にアクセスするなど、

効率的な設備の点検・維持管理を実現します。

【対象】工場、プラント施設、倉庫、交通インフラ施設、電力インフラ施設、公共施設、ビル、大規模商業施設など
【用途】施設・設備点検、台帳管理、維持管理、修理作業指示・報告など

 
 
 
 

3次元デジタル現場調査による​コスト削減と手戻り防止

新規設備導入の際に、現場に何度も足を運んで調査したり、図面上で設備配置を検討した結果、結局寸法が合わずに、

手戻りや現場合せが頻発していませんか?


大規模な点群データもWebブラウザで手軽に扱えるIndoorViewerなら、干渉や搬入経路の3次元事前検証が可能なため、現場に行く手間や手戻り発生のリスクを大幅に削減します。

新規設備導入場所の現況をパノラマビューで確認

​設備のCADモデルを点群ビューで操作

事務所からの点検指示

事務所からの点検指示と、 現場からの作業報告を効率化

離れた場所にいる作業者に、点検・修理の位置や内容が正確に伝わらず何度も電話で確認していませんか?

 

3次元デジタル空間を共有できるIndoorViewerなら、指示内容や参考図面を付箋紙を貼るように作業位置にタグ付けするだけ。作業内容が正確に伝わります。
また現場作業者は、タブレットやスマートフォンで

写真や作業内容をタグ付けして報告完了。
事務所に戻って報告書を作成することもありません。

現場からの作業報告

「知っている人しかわからない」台帳管理を効率化

施設内の設備や部品等の資産をExcelなどで管理していて、
どこに保管されているかわからずに、時間をかけて探していませんか?

「資産情報」と「位置情報」を結びつけて管理するIndoorViewerなら、部品の保管場所をすぐに検索できます。また、台帳に記録された部品の交換履歴や機材のメンテナンス履歴も、タグから台帳にリンクして把握することができ、台帳管理を効率化します。

竣工後に隠れてしまった設備の点検、修理、維持管理を効率化

天井内の空調設備など、竣工後に隠れてしまった設備
の点検や修理などで、位置関係がわからず困ったことはありませんか?

施工過程においてNavVis M6で定期的に計測し、IndoorViewer上で4次元可視化(タイムライン)することで、壁、床、天井に隠れてしまった空調設備や配線などを施工時に遡って表示・確認することができます。
また、施工中にもタイムラインを使うことで、
施工進捗状況を関係者間で共有することができます。

NavVis

株式会社構造計画研究所 NavVis担当

Copyright Ⓒ 2020 KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved .