Change the facility management work flow for the wise future

Digitalize - Share - Link

On Virtual Building

Facility Management

広大な施設であっても、バーチャル空間で素早く設備情報にアクセスできるため、効率的な維持管理を実現

​施設の維持管理は、多くの知識と時間を要します。また、ライフサイクルコストの観点で考えると、費用は膨大になります。さらに、現場の作業者は、厳しく広大な環境で作業を行っています。広大な施設の屋内空間を3Dデジタル化することで、費用を抑えながら施設の維持管理ワークフローをより効率化できます。NavVisは、大規模な施設でも品質を維持しつつ、リーズナブルなコストと時間でデジタル化できるように設計されております。そのため、いままで実現が困難であったデジタル化による大規模な施設の維持管理実現を強力にサポートし、資産価値の向上に寄与します。

保有資産の効率的な運用管理
資産情報のデータベースを、NavVisのIndoorViewerと連携。「どの資産が」「どこに」「どのような状態で」保管されているかを格段に管理・把握しやすくなります。
点検業務の効率化
M3 Trolleyで、点検現場の画像データを網羅的に取得。制約の多い現場ではなく、オンラインでの点検作業を実現します。また、変状図作成のためのデータ整理にかかる時間を格段に短縮します。
レイアウト検討
Webブラウザ上で、新規機材や補強材のレイアウトを検討。レイアウト変更が屋内環境に及ぼす影響をシミュレーションした結果も、ブラウザ上で確認可能。

*Facility Management (FM、ファシリティマネジメント)

:企業、団体などが組織活動のために施設とその環境を総合的に企画、管理、活用する経営活動(*1)

1. 保有資産の効率的な運用管理

資産の情報データベースを、NavVis IndoorViewerと連携させることで、「資産情報」と「位置情報」を結びつけて管理することができます。例えば、普段お使いのCAFM (Computer Aided Facility Management) システムとNavVis IndoorViewerを連携することで、以下を紐付けて管理することができます。

  • 資産情報:建物台帳、保存実績台帳、各種情報台帳(取扱説明書、図面、など)

  • 位置情報:3次元位置情報、その周辺の風景情報

 

​資産情報と位置情報が紐付いているので、データベースのリストから資産の位置を検索できるだけでなく、特定の部屋に保管されている資産を一覧表示することもできるようになります。

*NavVis本社事例:NavVis IndoorViewerとARCHIBUSの統合

施設内の資産を、Excelなどを使って台帳管理されていませんか?確かに台帳管理は、項目を一覧で把握しやすいメリットはあります。一方で、

  • ”台帳に書かれた備品がどこに保管されているか分からない”

  • ”機材のメンテナンス履歴を確認したいけれど、どのExcelシートに書かれているか分からない”

  • ”毎年毎年、棚卸し作業で、モノ探しに苦心している”

 

​といった経験はございませんでしょうか。

「資産情報」を「位置情報」と紐付けて管理

2. 点検業務の効率化

オンラインでの目視検査

ビルや地下施設、ダムや水路など、目視検査は広域に及ぶことも。身体的な疲労を伴い、見落としや判断ミスも生じるのではないでしょうか。また、検査漏れがあったとしても、再検査するには条件が整わない施設も多々あるのではないでしょうか。

NavVisのM6 Trolleyなら、広域な屋内空間における画像データを、1600万画素の高解像度カメラで網羅的に取得することができます。一眼レフなどで異常箇所のみの画像データを取得する場合と異なり、NavVisのM6 Trolleyは周囲360度+上方向の画像データを取得するため、撮り洩らしのリスクを大幅に低減できます。それも、2万〜5万平米(*2)と非常に広域な屋内空間で、数千枚の画像データを、たった1日で取得することができます。

目視検査は、オフィスに持ち帰ってIndoorViewer上で。現地で網羅的に取得したデータから作成されたバーチャル空間をWebブラウザ上で進んでいき、異常箇所にタグ付け(上図下段)。タグに作業内容を入力して、そのURLを現場作業者に送信すれば、保守や精密検査の指示を画像ベースで齟齬なく伝えることができます。

点検現場での記録とデータ入力の手間を大幅削減

​変状図を作成するために、点検現場で「写真撮影と計測」、計測場所の「記録やメモ」、計測したデータをオフィスで「入力」。その作業量は膨大ではないでしょうか。また、記録が十分ではなく、どこで撮影した写真か後で確認が取れない、という経験はございませんでしょうか。

​NavVisのM6 Trolleyなら、現地の画像データを周囲360度+上方向取得できるだけでなく、2万〜5万平米の屋内空間における数千枚の画像データをたった1日で取得することができます。驚くべき点は、その数千枚の画像データを、ほぼ全自動で撮影位置と紐付けて可視化できる、ということです。​​変状図作成のための「計測」「記録」「データ入力」の時間を、格段に短縮することができます。

NavVis IndoorViewerなら、Webブラウザで施設内の寸法を測定できます。

点検作業のため現場に向かう前に、オンラインで採寸。点検計画を立てたり、点検作業に必要な備品や申請を準備することができます。現地の作業者に採寸を依頼したり、事前に​点検現場を訪問する必要がなくなります。

遠隔での寸法測定

3. レイアウト検討

Webブラウザ上でオブジェクトの追加や移動

​NavVis IndoorViewerでは、オブジェクトを追加し、搬入経路やレイアウトの検討が可能です。例えば、補強材を追加した場合、他の部材と干渉がないかどうかを、Webブラウザ上で確認することができます。現調の手間を大幅に削減します。

ご利用に当たっては、特別なプラグインは必要ありません。また、BIMソフトやCADソフトの使用経験、および専門的な知識がなくとも、簡単に操作することができます。

レイアウト変更前

レイアウト変更後(補強材追加)

Webブラウザ上でシミュレーション結果の表示

レイアウト変更した結果、屋内環境がどう変わるのか。

そのシミュレーション結果を、NavVis IndoorViewer上で表示することができます。例えば、壁を新設したことによって、WiFiの電波強度はどのような分布になったか、また空調起動時の室内温度分布はどのように変化したか。

NavVisのIndoorViewerなら、Webブラウザの3D屋内マップ上でこれらシミュレーション結果を確認できるため、円滑なコミュニケーションを実現します。

 
 
 

>NavVisを用いたBIMやFMのソリューションについては、こちらのページご参照ください

*1「 総解説ファシリティマネジメント」FM推進連絡協議会、2009年

*2 東京ドーム:約4.6万平米

Key Features

Fast Mapping

高解像度のパノラマ画像と

正確な3次元形状データを高速に取得。
1日約 2万平米をスキャニングできます。

HTML5 Viewer

どこからでも、どのデバイスからでもブラウザさえあれば特別なソフト不要でアクセス可能。もちろんユーザのアクセス権も管理できます。

Open

点群データはOpenなデータ形式を採用。BIMシステムにデータをインポートできます。反対に、他の計測デバイスで取得したデータを読み込み可能です。

お問い合わせ

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle

​こちらをクリックして下さい

受付時間10:00-17:00

株式会社構造計画研究所 NavVis担当

Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.