現場のムリ・ムダを削減するスマートな工場の実現

*CADモデル作成には、(株)エリジオンのInfiPointsを用いています。

3D-CAD化プロセスにおける現地作業時間を大幅削減

既設建築物の3D-CAD化に必要な3次元点群を取得するにあたり、遠方の拠点や設備稼働中は作業不可なエリアなど、計測の機会や時間は限られていませんか?

大規模施設を高速に計測可能なNavVis M6は、
CAD化における現地作業時間を大幅に削減いたします。

手軽な3次元事前検証により、​  手戻り・現場合せ発生リスク低減

図面上で設備配置を検討した結果、高さ方向で合わず、手戻りや現場合せが頻発していませんか?

工場の大規模な点群データもブラウザで手軽に扱えるIndoorViewerなら、干渉や搬入経路の3次元事前検証が可能なため、手戻りや現場合せによる手待ち時間発生のリスクを削減します。

海外拠点の大規模改修における​現調コストを大幅削減

現場を明確に把握できる情報が少なく、海外拠点への現調が必要以上に大所帯になったり、作業見積りのために国内他拠点への現調が頻発していませんか?

IndoorViewerはストリートビューベースにより、誰が見ても明確に現場把握することができます。そのため、現地に行かずとも事務所のディスプレイ上で密に事前検討することができます。

既存情報を3次元可視化し​作業スピードを向上

設備台帳や結線図・計装図では、対象設備の位置が不明確なため、作業者への指示に手間を要したり、齟齬が生じたりしていませんか?

IndoorViewerと位置関係を一度紐付けておくだけで、必要な時にその情報が「どの場所」に該当するか誰でも明確・瞬時に分かるため、初動スピードが向上します。

​また、IoTデータの紐付けによって設備の稼働状況を3次元可視化することにより、工場のデジタルツイン化の実現をサポートいたします。

【 活用事例 】

ダッソー・システムズ 3D EXPERIENSEとの連携

1. 製造情報を3次元的に分析

APRISO(製造実行システム、MES)上の製造情報を、IndoorViewer上で3次元可視化することで「どこのどの設備がどのように稼働しているか」を直感的に表現。

(動画 0:05〜1:12)

* 音声はございません。

2. 点群とCAD統合による3次元事前検討の促進

Factory Flow Simulation上でNavVis M6計測データを表示し、時間を要す3D-CADモデル作成を必要最低限とすることで、生産計画と設備配置検討を促進。

(動画 1:13〜3:09)

年間400件、しかし通路上からしか見せられなかった

visitor tourをより臨場感あふれるものに


SIEMENSでの活用事例

* 音声は英語です。

〜ポケットに工場を〜

1. 臨場感あふれるバーチャルツアー


サプライヤーを訪問時に、ポケットから自社工場を見せ、

どういうソリューションが必要かを明確に伝える。
 

2. ダイレクトに伝わる営業マテリアル


 
 
 
 
NavVis

株式会社構造計画研究所 NavVis担当

Copyright Ⓒ 2020 KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved .