Please reload

計測のお供に「Leica BLK360」

February 23, 2018

LeicaのBLK360。

発表されてから早半年。いよいよ今月には日本市場にも出回る予定らしいです。

 

 

標準パッケージで約260万円らしいいです。低価格にもかかわらず、かなりの高スペックですね。

(詳しくは、Leicaホームページをご覧ください。)


    - スキャンスピード:36万点/秒
    - 測定精度:4mm@10m/7mm@20m

 - 座標精度:6mm@10m
    - スキャンレンジ:0.6〜60m
    - 連続稼働時間:2時間
    - 内部メモリ:64GB

 

本体重量1kgと軽量なので、持ち運びも手軽! ぜひ弊社でも一台購入したいですね。

 

特に、NavVisのM3 Trolleyは屋内(or半屋外)専用。なので、対象・環境で使い分けが出来ます。

 

NavVis M3 Trolleyによる計測

- 屋内のように遮蔽物が多く、定置式3次元レーザースキャナでは計測に時間がかかる場所

 

Leica BLK360による計測

- 建物の外壁のような見晴らしの良い場所

- 配管などのmm精度でのデータ取得が必要な場所

 

2つの3Dレーザースキャナで計測したデータをガッチャンコして、建物内外の3DモデルをWebブラウザで見れるようにしたいですね。NavVIs IndoorViewerは、他社製品のスキャナで取得した点群データもWebブラウザで見れるようにバージョンアップされたことですし(過去記事参照)。

 


そうすれば、FM系や工場系のお客様からよくお伺いする「建物の維持管理向けに、屋内外の3DデータをNavVisのIndoorViewerで見たい」というご要望にもお応えできるようになります。

 

発売が楽しみです!!

 

 

タグ:

Please reload

Please reload

Please reload

Please reload

​カテゴリ
最新記事
アーカイブ
タグから検索