Please reload

【盛況御礼】「デジタルツインの力で強化する 建物の安全と品質」セミナー開催

July 3, 2018

6月26日(火)に、

「デジタルツインの力で強化する 建物の安全と品質」

と題したセミナーを、弊社主催で開催いたしました。

 

 

労働人口は減少傾向にあり、一方で維持管理の対象施設は増加傾向にあるため、効率的な建物の維持管理(ファシリティマネジメント)に対する重要性が急激に高まってきています。本セミナーでは、3次元デジタル化技術と現場の人の情報を取得する技術を用いて、安全かつ品質の高い維持管理を実現する方法についてご紹介いたしました。

 

本セミナーの中で、「バーチャル施設がもたらす新たなファシリティマネジメント」と題しまして、NavVisがもたらす新たなファシリティマネジメント像を提示させていただきました。

具体的には、既存施設を「大量のパノラマ画像」と「3次元点群データ」によってバーチャル施設化することで、効率的なファシリティマネジメントを実現する技術(NavVis)と下記のような活用事例についてご紹介いたしました。

  • 保全業務プロセス全体のデジタル化

    • 点検業務の省力化

    • 点検作業のための現調の省力化

    • 報告書作成のための記録作業の省力化

  • 建物情報の3次元可視化

    • 管理台帳をバーチャル施設上で可視化

    • センサ情報をバーチャル施設上で可視化

  • 建物状態の履歴管理

    • 過去の計測データを時系列的に並べて表示

 

 

 

猛暑の中、また直前のご案内であったにも関わらず、40名(申し込みは44名)の方にご参加いただきました。セミナー後の個別相談会でも、多くの質問を頂戴しました。

ご多用のところ、ご参加いただいた皆様には、この場を借りて、御礼申し上げます。

 

 

7月27日(金)には、製造業様向けのセミナーを開催予定 です。ご参加を検討いただければ幸いです。

セミナー詳細ページ:https://kke.lmsg.jp/seminar/11672/qnqdk48f

 

Please reload

Please reload

Please reload

Please reload

​カテゴリ
最新記事
アーカイブ